【補助金活用】都筑区で安くお風呂や浴室をリフォーム

長く住む家では、日常的に使用される浴室やキッチン、トイレだけでなく、外壁や庭でも劣化が生じ、リフォームが必要になることがあります。リフォームを決めたとき、どのポイントを基準にすれば良いのでしょうか?今回は、横浜市内のリフォーム業者でおすすめしたい業者を厳選してご紹介するとともに、各社の特徴を詳しく解説していきます。

横浜市で住宅リフォームを行う際には、以下の補助金や助成金が使えます。

1.横浜市障害者住環境整備事業

横浜市障害者住環境整備事業

補助内容:住宅改造にかかる費用上限額120万円を補助

横浜市では、高齢者や障害を持つ人々のために、自宅での生活の支援を行っており、住宅改造のアドバイスを提供して、その費用の一部を助成しています。これにより、高齢者や障害を持つ人々が快適で安全な環境で自宅での生活を保つことができるようにサポートしています。

担当課:横浜市健康福祉局障害自立支援課
公式サイト:住環境整備費の助成

2.横浜市空家活用の専門相談員派遣事業

横浜市空家活用の専門相談員派遣事業

補助内容:年度内で原則3回まで無料で派遣

横浜市では、空家を地域活性化に活用することを考えている方々を対象に、専門家を無料で派遣し、アドバイスや支援を行っています。相談内容としては、耐震改修計画や不動産の評価、契約や税に関する事項などに対応しています。

担当課:横浜市建築局住宅部住宅政策課
公式サイト: 空家活用の専門相談員派遣事業

3.横浜市木造住宅耐震改修促進事業

横浜市木造住宅耐震改修促進事業

補助内容:①一般世帯 上限100万円 ②非課税世帯 上限140万円

横浜市が、木造住宅の耐震改修にかかる費用の一部を補助してくれます。対象として、昭和56年5月末日以前に建築確認を得て着工された在来軸組構法の2階建て以下の木造住宅、耐震診断の結果が点数が1.0未満のものが挙げられます。建替え工事は対象となりません。

担当課:横浜市建築局建築防災課
公式サイト:横浜市木造住宅耐震改修促進事業のご案内

4.神奈川県民間建築物吹付けアスベスト等補助事業

神奈川県民間建築物吹付けアスベスト等補助事業

補助対象:①不特定多数の方が利用する延べ面積300平方メートル以上1000平方メートル未満の建築物 ②エレベーターがある建築物  ①②のいずれか
補助上限額:一棟当たり25万円(有調査を一検体のみ行う場合は16万円)

神奈川県では、民間建築物における吹き付けアスベストなどの問題に対処するため、所有者などに対してアスベスト含有調査の費用を補助する制度があります。この制度を利用するためには、事前相談を行うことが必要で、補助制度の利用の前提条件となります。

担当課:神奈川県県土整備局建築住宅部建築安全課
公式サイト: アスベスト含有調査に対する補助制度

5.神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金

神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金

補助対象:窓、壁、天井、床の断熱のためのリフォーム
補助内容:リフォームにかかる費用の3分の1または上限額15万円

本事業は、既存住宅の窓や壁などの省エネリフォーム工事にかかる費用の一部を神奈川県が補助してくれます。ただし、この補助金を利用してリフォームを行う場合は、申請した年度内に実施する必要がありますので、その点には注意してください。

担当課:神奈川県産業労働局産業部エネルギー課
公式サイト: 神奈川県既存住宅省エネ改修事業費補助金

6.神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金

神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金

補助対象:HEMS機器、高断熱外皮、太陽光発電システム、更なる高断熱外皮、高度エネルギーマネジメント、電気自動車の充電設備、充放電設備
補助上限額:5万円

神奈川県では、再生可能エネルギーの導入や地域でのエネルギー生産を推進しています。そのため、中小工務店が施工するZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の導入を促進するための補助金制度が存在し、経費の一部を補助する支援が提供されています。

担当課:神奈川県産業労働局産業部エネルギー課
公式サイト: 神奈川県ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス導入費補助金

【2023年版】都筑区のおすすめ住宅リフォーム補助金

2023年度に使える補助金で使いやすく全ての方におすすめな補助金が「こどもエコ住まい支援事業」です。ビルトイン食器洗機、浴室乾燥機、宅配ボックス、防音ドア、防音ガラス交換などのリフォームを行うと最大45万円、若者や子育て世代の場合は60万円補助金をもらうことができます。なお補助金の申請は、住宅のリフォーム工事を行う事業者が行うため、住宅設備協同組合で該当リフォームを行う場合には、全ての手続きを丸投げすることが可能です。

担当課:国土交通省 こどもエコすまい支援事業事務局
公式サイト:こどもエコ住まい支援事業

都筑区のリフォーム補助金行政問い合わせ窓口

問い合わせ先
横浜市役所

所在地
〒231-0005
神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地の10

電話番号
045-671-2121

営業時間
午前8時45分から午後5時15分まで
(土曜、日曜、祝日、12月29日~1月3日は閉庁)

 

横浜市のリフォーム相談窓口をご用意しています。

お電話でのお問い合わせ

60秒で見積申し込み

受付:月〜土 10:00〜18:00

お問い合わせ

「お風呂を最も人気のあるシリーズでリフォームしてほしい」「補助金を使ってリフォームをしたい」などの要望から「外壁でおすすめの素材は?」「マンション用のお風呂は戸建ての住宅でも使える?」等の質問まで、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。48時間以内に返信をさせていただきます。(※休業日は除く)

    必須お名前

    必須メールアドレス

    必須電話番号

    必須当組合を知ったきっかけ

    必須郵便番号

    必須都道府県

    任意ご住所

    必須ご相談の内容【複数選択可】

    任意リフォーム希望箇所【複数選択可】

    任意リフォーム希望時期

    任意お問い合わせ内容