キッチンの撤去・解体費用は?設置と同時に行うとお得に!

「キッチンの撤去費用はいくら?」「キッチンの解体は自分で出来る?」などと考えたことある方は多いのではないでしょうか?
新しいキッチンを設置する際やリフォームを行う際には、キッチンの解体や撤去が必要になることがあります。

今回は、キッチンの撤去・解体費用や気を付けるポイント、自分で行う際の注意点をご紹介します。

ここでは、キッチンや壁の撤去・解体費用だけでなく、設置費用も詳しく解説します。

キッチンの解体・撤去費用

キッチンの撤去費用は、人件費と養生費から成り立っており、およそ1.5万〜3万円程度が相場です。

ただし、特殊なキッチンの形状や撤去に特別な作業が必要な場合、追加費用が発生することもあります。詳細は見積もり時に確認が必要です。

キッチン周りの壁の撤去費用

キッチンの解体後、キッチン周辺の壁、タイル、石膏ボード、棚などを取り外す費用が発生することがあります。

これらの撤去には、それぞれ1万〜1.5万円程度の費用がかかります。

その後、新しいタイルやクロスを設置し、補修作業を行う場合には、さらに5万〜10万円程度の追加費用が発生します。

こちらの記事では、クロス(壁紙)の張り替えリフォームに関する情報をまとめています。

【2023年版】壁紙・クロスの張り替えリフォームの費用は?

廃材の処理費用

不要になったキッチンやタイルなどの廃材を適切に処分するために費用がかかります。

費用の額は、運搬に使用されるトラックのサイズによって異なります。たとえば、2トントラックの場合、約1.5万円から2万円程度が一般的であり、4トントラックの場合、約2万円から3万円程度がかかります。

ただし、廃材に石膏ボードなど特殊な材料が含まれている場合、別途特殊な処分が必要となり、それに伴う追加費用が発生することに注意が必要です。

キッチンの設置費用

キッチンの設置や電気、水道、ガスなどの配管や配線の接続に必要な費用は、約10万円が相場です。これには、資格を持つ専門家による工事が含まれており、そのため費用が高くなります。

こちらの記事では、キッチンの交換リフォームの費用や施工事例、実際の見積もりなどを分かりやすく解説しています。

【2024年1月】キッチン交換リフォーム費用を部位別解説

キッチン解体の注目ポイント

ここでは、キッチン解体・撤去時の注目すべきポイントをいくつか解説していきます。

解体と設置を同時に行う

キッチンの解体後、新しいキッチンを設置する場合、リフォーム会社にすべての作業を依頼すると、費用を抑えることができます。

この方法では、解体と再設置を同じ業者に依頼するため、配線や配管の処理など作業の無駄が少なく、トラブルが発生した場合の責任の所在も明確です。

手間はかかるかもしれませんが、解体と設置を別々の業者に依頼する場合と比較して、費用面で有利であれば、一括で依頼することがおすすめです。

信頼のおける業者を選ぶ

キッチンの解体は、ガス、電気、水道など重要なライフラインが集まるため、慎重な作業が必要です。誤った手順や作業ミスは、ガス漏れや漏電の危険を引き起こす可能性があります。また、見た目ではわからないダメージも新しいキッチンの設置後に問題を引き起こす可能性があります。

これらのトラブルを避けるために、キッチンの解体経験が豊富な業者を選ぶことが重要です。

業者の営業年数や実績を確認することは信頼性の指標となります。さらに、実際にその業者で作業を行った人の口コミや、業者自身に解体の実績を尋ねることも役立ちます。実績のある信頼性の高い業者に依頼することが鍵です。

資格を持っている業者を選ぶ

建物の解体工事には資格が必要ですが、内装解体には特別な資格は不要です。そのため、信頼性のある業者を選ぶ際に建設業許可や解体工事業登録を保有しているかを確認することが重要です。

これらの資格を持つ業者は、正確な手順で作業を行う可能性が高いです。また、電気、ガス、給排水設備などの工事が必要な場合、それらの分野における資格も必要です。

信頼性の高い業者を見つけるために、資格を有する業者やインフラ設備業者と協力関係にある業者に依頼することをお勧めします。

 

キッチンリフォームは、住宅設備協同組合にお任せください

お電話でのお問い合わせ

60秒で見積申し込み

受付:月〜土 10:00〜18:00

自分でキッチンを解体する際のポイント

自分でキッチンを解体するメリットは、解体費用を大幅に削減できることです。これにより、数万円分の費用を節約できるうえ、自分の都合の良い時間に作業を進めることができます。

ここでは、キッチンを自分で解体・撤去する際の重要なポイントを解説していきます。

怪我をしないよう気を付ける

キッチンの解体は壁などとの隙間から固定されていることが多く、力が必要です。

無理な作業や危険な工具の使用は怪我の原因となります。安全に作業するためには2人以上で行うことが重要です。

数日間キッチンが使えない

キッチンの自分での解体には時間がかかり、数日間キッチンを使用できなくなります

解体作業の未経験者が急いで作業するとケガのリスクも高まります。解体に余裕を持って計画し、使用できない期間や食事の代替手段について考慮することが大切です。

廃材処分費用がかかる

自分でキッチンを解体する場合でも、廃材の処分に費用がかかります

木材は小さく切って燃えるゴミに捨てることができますが、シンクや天板、石膏ボードなどの特殊な廃材は専門業者に依頼する必要があります。処分費用は業者に依頼する場合とそれほど変わらず、1万円程度から始まり、有害物質を含む廃材の処分には3万~4万円かかることもあります。

廃材を運ぶためにトラックを借りる場合は、レンタカー代もかかります。廃材の回収業者も利用できるため、費用を抑える工夫が大切です。

キッチンの解体・撤去まとめ

リフォームするときに必ず行う解体作業は、キッチンも同様に行います。キッチン本体の解体は約1.5万〜3万円、周辺の壁などは約1万〜1.5万円の費用がかかります。キッチンの解体と設置を同じ業者に頼むことでスムーズに進むかつ費用を抑えることができます。
事前によく調べて解体・撤去リフォームを行い、お得にキッチンのリフォームを行いましょう。