【格安】キッチンリフォームが30万円以内!

「キッチンはいくらくらいでリフォーム可能?」「できるだけ費用を抑える方法は?」「30万円以内でできるって本当?」などとキッチンをリフォームする際に、このように考える人はたくさんいるかと思います。
キッチン設備の一部だけの交換でも多くのメリットがあります。

今回は、キッチン・台所のリフォームについて、おすすめのシステムキッチンや工事費用、安くする方法などを徹底解説します。

おすすめのクリナップのキッチン

「ラクエラ(rakuera)」は、手頃な価格でありながら、充実した機能を備えており、デザインも魅力的で、十分な収納力を持ち合わせています。

ラクエラは収納力が抜群で、使用する人の利便性を第一に考えた設計が特徴です。配管スペースも効率的に配置されており、スペースが限られているリフォームにも理想的に適しています。

住宅設備協同組合なら、クリナップ「ラクエラ(rakuera)」を680,000円(税抜)でご提供いたします。

こちらの記事では、「ラクエラ」以外のクリナップのシステムキッチンについて解説しています。

クリナップキッチンのおすすめシリーズを費用別に解説

マンションでのキッチンリフォームをお得に行うには?

住宅設備協同組合では、集中工事特別支援キャンペーンにより、マンション限定でリフォーム費用が40〜70%OFFとなっております。

さらに、補助金制度を受けることによって、一戸あたり最大30万円の助成が可能です。

価格別】キッチンのリフォームにかかる費用

ここでは、キッチンのリフォーム工事にかかる費用の相場を価格帯ごとに解説していきます。

30万円〜100万円でできるキッチンリフォーム

キッチンの部分的な交換や設置、具体的にはコンロ・レンジフード(換気扇)・食洗機の取り付けの場合、30万円以下の予算で工事が可能です。

さらに、狭いスペースにあるコンパクトなミニキッチンの交換であれば、50万円未満の予算で工事が可能な場合もあります。

ただし、実際の費用は素材や機能の違い、工事の難易度などによって異なるため、個別に見積もりを取ることが必要です。

こちらの記事では、コンロのリフォームに関する情報やガスとIHの違いなどを詳しく解説しています。

【2024年】ガスコンロとIHのリフォーム相場・費用を比較

100万円でできるキッチンリフォーム

キッチン全体を交換する工事にかかる費用は、約50万円から150万円程度が相場です。

しかし、具体的な費用は導入するシステムキッチンのメーカーやサイズ、グレードや壁紙・床材の張り替えの必要性などによって変化します。

こちらの記事では、システムキッチンのリフォーム費用や工期などの情報についてを解説しています。

システムキッチンとは?費用は?交換できる?

150万円以上でできるリフォーム

大規模なキッチンリフォーム、特に水道やガス、電気の大幅な配管工事が必要な場合、費用は150万円を超え、1階から2階への移動の場合は200万円から250万円以上かかることがあります。

予算が150万円以上あれば、一般的なキッチンではなく、アイランド型やL型の大きなキッチンに変更することも可能です。

高級品や特注品の採用、広範囲の内装補修、構造部の補強が必要な場合には、300万円以上の費用がかかることがあります。ただし、具体的な費用は素材や機能の違い、工事の難易度によって異なり、個別の見積もりが必要です。

こちらの記事では、システムキッチンの中でも高額な費用がかかるアイランドキッチンについて解説しています。

アイランドキッチンの後悔とよくある失敗事例をリフォームのプロが解説

 

キッチン・台所をリフォームをお手頃価格でリフォームするなら「住宅設備協同組合」

メールリフォーム相談・見積り

お電話の対応時間:月〜土 10:00〜18:00

キッチンリフォームを格安・激安に抑える方法

ここでは、キッチンリフォームをする際に、できるだけ費用を安く済ますことができるポイントをご紹介します。

キッチンの位置は変えずにリフォーム

キッチンリフォーム費用を節約するためには、キッチンの配置を変更しないことが非常に重要です。

キッチンの位置を変更すると、床の修復や水道や電気工事が必要になり、それに伴う費用が高額になります。

さらに、壁付けキッチンを対面キッチンに変更するようなリフォームは、費用がかさむことがあります。

予算に合わせてキッチンの交換工事を慎重に計画することが重要です。

メーカーの新商品のリリース時期にリフォーム

2月から4月頃には、住宅設備メーカーが新製品を発表する時期となります。

そのため、多くのメーカーがセールを実施し、この期間がお得な買い時となります

同時に、リフォーム会社にとってもこの時期は重要なタイミングであり、旧型モデルの在庫を処分するチャンスとして捉えられます。

業者の閑散期にリフォーム

リフォーム工事費を節約するには、施工時期を考慮することが重要です。異なる業者によって閑散期が異なるため、融通が利きやすい時期を狙いましょう。

例えば、「施工時期は柔軟に検討しますので、経済的な時期にリフォームを希望しています」と提案することで、値引き交渉が可能かもしれません。

ただし、リフォーム業界では9月から12月にかけて需要が高まる傾向があるため、価格交渉が難しいことも頭に入れておきましょう。

補助金を活用してリフォーム

キッチンリフォームには、国や自治体からの補助金制度があります。

ただし、補助金を受け取るためには、工事着工前に申請する必要があります。
そのため、補助金制度の概要や申請タイミングなどを事前に確認し、早めに申請することが大切です。

【全国対応】キッチンリフォームの補助金・助成金の種類と申請方法

キッチンリフォームまとめ

キッチンのリフォームでは、素材や形によって費用が大きく変わります。決められた予算に従ってグレードやキッチンの形を選びましょう。また、キッチンのリフォームをできるだけ安くする方法はいくつかあります。これらを使ってお得にリフォーム工事を行いましょう。
信頼できる業者を選び、事前にしっかりと見積もりを依頼することが大切です。
リフォーム費用を抑えながら、快適で暮らせるキッチンを実現しましょう。